トイレトレーニングがわからないママへ.気になる疑問11個に答える

保育学生
 

トイレトレーニングやっているけど、
なかなかうまくいかなくてどうしよう…

ともだち
 

トイトレは難しいよ…



というママいませんか?


フリーランス保育士のりさです。


トイレトレーニングって、思った通りにいかなくて、悩むことが多いですよね。


今回は「トイトレの疑問」にたくさん答えていきます。


保育園でもよく聞かれる質問から、マニアックな質問まで集めたので、トイトレに悩む方の参考になるはずです。


◇記事の内容◇

・トイトレの方法

・トイトレを始める時期

・トイトレの悩みにお答え!



トイレトレーニングがわからないママへ



トイレトレーニングは、何から始めたらいいかわからない、というママがいるかもしれません。


トイレトレーニングの悩みにお答えする前に、以下について簡単に紹介していきます。

・トイレトレーニングの方法

・トイレトレーニングを始める時期



トイレトレーニングの「方法」と「時期」さえ、ある程度知っておけば、誰でもトイレトレーニングができます。
心配は必要ありません。


トイレトレーニングの方法


トイレトレーニングの方法に関しては、以下の記事に詳しくまとめています。



どうやって進めていけばいいのか、年齢別のポイントについても解説しているので参考にしてください。


記事のポイントをまとめると、こんな感じです。

・段階的に行う

・最初のステップは「トイレを知ること」から

・子どもの排泄間隔を把握する

・成功体験を大切にする

・子どもの意思を尊重する



文字だけ見ると、「難しそう…」と思うかもしれませんが、大丈夫です。


子どもが「やりたい!」と思ったタイミングでやっていけば、誰でもトイトレはでき、どの子もオムツを外せるようになります。


トイレトレーニングはいつから?


トイレトレーニングの方法を知ることと同じくらい、「いつから始めるか」はとても重要です。


まだ始める時期ではないのに、トイレトレーニングを始めても、オムツは取れません。


たとえ、取れたとしても失敗多かったり、何度もトイレに行ったり、という状況になります。


「トイレトレーニングを始める時期」については、以下の記事に詳しく紹介しています。



記事の要点だけをお伝えすると、こんな感じです。

・身体が発達していること

・子どもが「トレイでの排泄」に興味を持っていること



トイレトレーニングを始める時期は、子どもの「身体の発達」と「心の成長」2つがそろって、初めてできます。


「トレーニング」という言葉が使われているので、「練習したらできるようになる」と勘違いしてしまいますが、そうではありません。


適切な時期にやるからこそ、自然とオムツが外れていきます。


トイレトレーニングの11個の疑問


トイレトレーニングの基本的なことについて、知ることができましたか?


それでは、本題の「トイレトレーニングの悩み」に答えていきます。


今回、用意した悩みはこちら。

①トイレトレーニングしているけど教えてくれない

②トイレトレーニングしているけど出た後に言う

③トイレトレーニング中だけど座っても出ない

④トイレトレーニングでうんちだけできない

⑤トイレトレーニング中にわざと失敗する

⑥トイレトレーニングしているけど行きたがらない

⑦トイレトレーニングしているけど怖がる

⑧トイレトレーニングしているけど座るのを嫌がる

⑨トイレトレーニング中に外のトイレを嫌がる

⑩トイレトレーニングしていたら便秘になった

⑪トイレトレーニングが全然進まないんだけど



上記11個の悩みについて、回答・解説していきます。


以下3つのジャンルに分けて、紹介していきます。

・失敗編

・嫌がる編

・その他



では、早速見ていきましょう。


トイレトレーニングここがわからない「失敗編」


トイレトレーニングには、失敗がつきもの。


しかし、失敗が繰り返されると、「この子、本当に大丈夫なのかな?」と焦ってしまいますよね。


トイレトレーニング中、失敗を責めてはいけないと思っていても、つい大きな声で怒ってしまうこともあります。


それぞれの失敗のパターンにそって、わからないことを解決していきましょう。


①トイレトレーニングしているけど教えてくれない


回答:排泄前にトイレに行きたいことを伝えられるように話をしてみて!



最初から、「トイレに行きたい」と伝えられる子はいません。

だって、今までおしっこやうんちをする時、
ママに言ってなかったんだもん。



子どもにとって、「排泄前にトイレに行きたいと伝えること」は、新しい生活習慣になります。


新しいことは、繰り返し伝えていかなければいけません。


排泄感覚が長くなってきて、「そろそろトイレトレーニングを始められるかな?」という時期から、

おしっこ出る時は教えてね
うんち出る時は教えてね


とお子さんに伝えてみてください。


また、おしっこやうんちが出そうな素振りを見せた時に、

出る時は「トイレ行きたい」って
教えてくれたらトイレでできるよ



なんて伝えてもいいかもしれません。


まずは、「排泄の時はママに教えること」を、習慣づけていけるといいかもしれませんよ。


②トイレトレーニングしているけど出た後に言う


回答:まずは伝えてくれたことを認めて!



これもよくある悩みです。


オムツの時はもちろん、布パンツにしてからも、排泄してから「出ちゃった…」という子がいます。

布パンツにしてからは、掃除も洗濯も増えて大変ですよね…



オムツの時に「うんち出た!」と教えてくれる子には、教えてくれたことを褒めつつ、出る前に教えてくれるともっと嬉しいと伝えてみましょう。

うんち出たことわかったんだ!
今度は出る前に教えてくれると嬉しいな



こんな風に繰り返し伝えることで、少しずつ排泄前に伝えてくれるようになるかもしれません。


布パンツになってからの対応は、少し慎重になる必要があります。

子どもは自分がおもらししてしまったことに気づいているので、責めるのは絶対ことは絶対にNGです。



子どもは自分が失敗したことを理解した上で、ママに伝えてくれています。


教えてくれたことを認めて、次はどうするかを一緒に考えてみるといいですよ。

出ちゃったこと教えてくれてありがとう。
次は、出る前にトイレに行けるといいね。



ママからすると、「なんで出る前に言わないの!」と思うかもしれませんが、出たことに気づいているだけで、すごいじゃないですか。


失敗から子どもはたくさんのことを学んでいます。


「出た後に言うこと」は、1つの成長だと思って、「次はどうするか」に目を向けたほうが、ママもお子さんも幸せになれますよ。


③トイレトレーニング中だけど座っても出ない


回答:焦らないでOK



座ってもでないことは、よくあることです。


今までオムツでおしっこしていた子が、トイレで座って排泄することは、簡単なことではありません。


トイレでおしっこをすることは、意識的に排泄ができるようになることですが、最初からできる子はいません。


今、出なくてもいつかは出来るようになります。

1回成功すれば、コツをつかんで出来るようになる子もいます。



「トイレに座れているだけでOK」と考えて、今後も繰り返しトイレに座ることを続けてみてください。

・しーってするんだよ

・うーんって力入れてみて



言葉をかけながら、やっていたら、いつかできるようになります。


いつになっても出来ないと心配になりますが、焦る必要はありませんよ。


④トイレトレーニングでうんちだけできない


回答:うんちはオムツでいい!



うんちは、おしっこよりも力を入れなければいけないので、トイレでうんちをすることは難しいです。


特に、足がブラブラするトイレで排泄をしている子は、なかなかうんちができません。

▼足がつく補助便座があるといいですよ。



トイレトレーニングに必要なものが知りたい方はここから。

足がつく状態でトイレに座ったとしても、最初はうんちが出ないかもしれません。


そんな時は、「オムツでうんち」でもOK。


オムツなら、今までと同じように排泄ができるので、子どもも安心です。


トイレでの排便に誘いながら、出なかったらオムツでもいいよ、というスタンスでやっていけば、少しずつできるようになっていきます。

特に身体の小さい子は、筋力も弱いので、うんちが出にくいです。



「筋力が弱いな」と思う子は、外遊びの機会を多くして、必要な筋力を遊びの中で身につけられるといいですね。


⑤トイレトレーニング中にわざと失敗する


回答:ママに見てほしいのかも⁉



わざと失敗する子には、丁寧に関わっていく必要があるかもしれません。


「この子わざと失敗してる…」と感じたら、「なぜわざとやっているのか」考えてみてください。

・ママにもっとみてほしい

・失敗しても怒らないか試している



様々な理由が考えられますが、最も多いパターンは、「ママにもっとみてほしい」という場合です。


日常からお子さんとたくさん遊んでいると思いますが、ママが考えている以上に、「もっと遊びたい」と思っているかもしれません。

ママは一緒には遊んではくれないけど、何かやらかしたら自分を見てくれる



と気づくと、わざと失敗することが多くなることがあります。


「わざと失敗しているな」と感じた時は、失敗自体は責めずに、生活の中で、一緒に遊んだり、スキンシップを多くしたりすると、いいかもしれませんよ。


トイレトレーニングここがわからない「嫌がる編」



トイレトレーニングの対応でわからないことに、「嫌がった時の対応」があります。


嫌がる時の対応は、「無理にやらない」これが大切です。

保育学生
 

嫌がった時も、ちゃんとやらないと
出来ない子になるのでは?



と心配になる気持ちはわかりますが、無理にやらなくても大丈夫です。


逆に無理にやらせると、「トイレへの不安」が大きくなってしまう可能性があるので、注意してくださいね。


⑥トイレトレーニングしているけど行きたがらない


回答:行きたくないなら行かなくていい!



「よし!トイレトレーニングを始めよう」と思ったけど、子どもがトイレに行きたがらないことって、よくあります。


そんな時は、無理をせずに行かなくていいです。


どんなにママがやる気があっても、お子さんがやる気になっていなければ、トイトレはうまくいきません。

トイレトレーニングは、子どもの「やりたい」という気持ちがとっても大事です。



なかなか、トイレに興味が持てない時は、「トイレに行ったらシールを貼る」など、トイレに行く楽しみがあってもいいかもしれません。


とは言っても、無理にシールを使ってトイレに連れていく必要はありませんよ。


子どもが「行きたい」と思うタイミングで、トイレに行ってみましょう。

⑦トイレトレーニングしているけど怖がる


回答:何が怖いのか考えてみて!



ママが「トイレに行こう!」と言うと、子どもが「怖い、怖い」と言って拒否することがあります。


そんな時は、「怖い」の意味を考えてみましょう。

・怖い=イヤ

・狭い空間が怖い

・トイレの穴が怖い



様々な理由が考えられると思います。


「怖い」に隠された意味を把握して、これからどうしていくか考えてみましょう。


狭い空間が怖いなら、ドアを開けておくことで、安心できるかもしれません。


トイレの穴が怖いなら、補助便座をつけて穴を小さくする、ママが支えて安心できるようにするなど、色々な対策ができます。


子どもは、「怖い」という言葉で何を伝えようとしているのか考えてみると、解決策が見つかるはずです。


⑧トイレトレーニングしているけど座るのを嫌がる


回答:安心できるように関わってみて



トイレに行くことは抵抗ないのに、便座に座ることを嫌がる子がいます。


先ほどもお伝えしましたが、トイレの便座の穴が怖いと感じているのかもしれません。


座った時に滑りそうになったり、おしりがはまりそうになったりした経験がある子は、トイレに座ることを嫌がる傾向があります。

穴に落ちそう…



そんな子には、ママが抱っこしながら座れるように補助して、「トイレは安全な場所だ」と思えるように関わっていくといいですよ。


安全だと感じるようになれば、自分で座ることもできるようになっていきます。


⑨トイレトレーニング中に外のトイレを嫌がる


回答:補助便座orオムツでもいい



外のトイレなど普段と違う環境に不安を感じる子がいます。


そういう子には、持ち運びのできる補助便座を準備することをおすすめします。



「この便座があれば安心」と思えるようになれば、どこのトイレでも排泄ができるようになります。


また、「外のトイレでは排泄ができない」という子は、オムツで外出して大丈夫です。


トイレトレーニング中だからずっと布パンツでいなければいけない、そんなことはありません。

外のトイレでおしっこするのと
オムツ履くのどっちがいい?



こんな風に聞いてみて、「オムツがいい」と言うなら、オムツでお出かけだっていいんです。


オムツで出かけた時も、「おしっこ出る時は教えてね」と伝えておけば、排泄前に教えてくれて、外のトイレでおしっこができるかもしれません。


トイレトレーニングここがわからない「その他」



トイレトレーニング中に失敗したり、嫌がったりした時の対応を紹介してきました。


最後は、その他のわからない部分について紹介していきます。


⑩トイレトレーニングしていたら便秘になった


回答:体調が悪くなければ様子をみて



布パンツで生活するようになってから、便秘がちになった、ということはよくあります。


保育園のママ達からも相談されます。


布パンツで生活するようになると、子どもは少なからず緊張しています。


「もらしたくない」「もらさないようにしたい」と思うと、おしっこは出てもうんちが出なくなってしまうんです。


体調に問題がなければ、すぐに心配せず様子をみてください。

体調が悪いな、機嫌が悪いなと感じたらお薬を使ってもいいかもしれません。



ほとんどの場合、体調が悪くなることはなく、布パンツで生活して2,3日経つと、便が出るので大丈夫です。


最初は、便秘がちになるかもしれませんが、布パンツ生活に慣れると、今ままで通りうんちが出るようになりますよ。


⑪トイレトレーニングが全然進まないんだけど


回答:ママが焦らないこと



トイレトレーニングを始めたはいいけど、なかなか進まず、本当にオムツが外せるのか?と心配になるかもしれません。
しかし、焦る必要はありません。


トイレトレーニングの進み方、オムツが外れる時期は子どもによって違います。


ママが焦ると、子どもの気持ちが置いてけぼりになってしまうこともあるので、焦らずのんびりやっていけば、大丈夫です。


トイレトレーニングがわからなかったら子どもに聞こう



ここまで、トイレトレーニングの悩みについて回答してきました。


トイレトレーニングには、「正しいやり方」があるわけではなく、ママが悩みやすい育児の1つです。


しかし、焦らずやっていけば、必ずうまくいくので、心配しなくていいですよ。


もし、ママがどうしたらいいかわからなくなったら、お子さんに聞いてみてください。

・パンツ履く?

・トイレに行く?

・一緒にやる?



ママの悩みに最も適切な答えをくれるのは、「お子さん」です。


子どもの「こうやりたい」という気持ちを大切にしながら、トイレトレーニングをやっていけばいいんです。

トイレトレーニングはママがやることではなく、子どもがやることですよ。



「子どもの声」を大切にしながら、やっていけるといいですね。


ということで、今回は終わりにします。

▼トイトレのことで聞きたいことがある!という方はLINE登録してください!

りさの公式LINE



りさが個別で相談に乗ります!

▼育児に役立つ記事はこちらもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました