保育士試験の実技「音楽」で合格するには?私はこうやって準備した

ママ
 

保育士試験の実技を「音楽」で受けようと思っているけど、どうやって準備をしたらいいかな?

保育学生
 

実際に保育士試験を受けた人の話が聞きたい!



という方いませんか?


元保育士のRisaです。


保育士の資格は、試験でとりました。


実技試験は、「言語」と「音楽」を選択しました。

▼保育士試験の記事はこちらから

保育士試験に一発合格した私の勉強法。通信教育を使わずに勉強しました

保育士試験の実技「言語」で合格するには?46点取った私が意識したこと



今回は、「保育士試験の実技・音楽を合格するコツ」を紹介していきます。


保育士試験の実技「音楽」で合格するには


保育士試験の実技で「音楽」を選択する方は、今までピアノやギターなどの楽器に少なからず触れてきたことがある方が多いのではないでしょうか。

りさ
りさ

私は、ピアノを小さいときからやっていました。(ほとんど練習をしない子でしたが…)



保育士試験の実技「音楽」で合格するコツはこれです。

・受験の手引きを確認する

・最後まで続ける

・楽譜は簡単なものを探す

・リズムと音程に注意

・メロディーをはっきり弾く

・楽しく歌う



上記を意識してみると、合格が近づくはずです。


1つずつ解説していきます。


「受験の手引き」確認する


まずは、「受験の手引き」を確認します。


ここには、実技で押さえなければいけないポイントがたくさん詰まっています。


2020年の保育士試験の「受験の手引き」には、下記のように記載してありました。

幼児に歌って聴かせることを想定して、課題曲の両方を弾き歌いする。
求められる力:保育士として必要な歌、伴奏の技術、リズムなど、総合的に豊かな表現ができること。

https://www.hoyokyo.or.jp/



上記が採点の基準になる部分です。


これができていれば、音楽の試験に受かります。


また、下記のような記述もありました。

●ピアノ、ギター、アコーディオンのいずれかで演奏すること。(楽譜の持ち込み可)
●ピアノの伴奏には市販の楽譜を用いるか、添付楽譜のコードネーム(紙)を参照して編曲したもの
を用いる。
●ギター、アコーディオンで伴奏する場合には、添付楽譜のコードネームを尊重して演奏すること。
●いずれの楽器とも、前奏・後奏を付けてもよい。歌詞は1番のみとする。移調してもよい。

https://www.hoyokyo.or.jp/



上記は、条件などが記載してありますね。


全てに目を通して、ミスのないように準備をしていきましょう。


最後まで続ける


保育士試験の音楽で必要なことは、最低限「最後まで続けること」です。


手引きにも、幼児に向かって歌って聴かせることを想定すると記載してありますが、子どもの前で歌っていた時に、途中で歌をやめることはしないですよね。

「あ、ごめん。間違ったからもう一回」とは言えません。



たとえ、ピアノが間違って止まってしまってもいいです。


歌は最低限最後まで止まらずに歌い続けましょう。


間違っても、途中から戻れるように練習しておくといいです。


楽譜は簡単なものを探す


保育士試験の音楽を受ける時に、楽譜を探す方もいると思いますが、難しい楽譜を探す必要はありません。


簡単なものでOKです。


あなたが目指すのは、高得点ではなく合格です。


合格のためには、難しい楽譜を準備する必要はないですよ。

りさ
りさ

私はめちゃくちゃ簡単な楽譜で試験に臨みました。



もちろん、楽器が得意な方はその力を試験で思う存分発揮してほしいですが、そうじゃない方は、簡単な弾きやすい楽譜で十分です。


逆に難しい楽譜を買って、弾けませんでしたとなっては意味がありません。


リズムと音程に注意


保育士試験の音楽では、リズムと音程はかなり重要です。


たとえ知っている曲だとしても、自分の知っているリズムと音程と違う可能性があります。


「受験の手引き」に楽譜が載っているので、楽譜を見ながら確認するほうがいいかもしれません。

特に2曲のうち、1曲はリズムに特徴がある曲が多いので、チェックするべきですよ。



メロディーをはっきり弾く


ピアノで演奏する方は、メロディーをはっきり弾くように意識してみましょう。


メロディーがはっきり聞こえたほうが、子どもたちは聞きやすく、歌いやすいです。


つい、伴奏である左手が大きくなってしまいがちになるので、気を付けながら練習してみてください。


また、右手の薬指や小指で弾く音は、小さくなってしまいがちなので、意識してみるといいですよ。


楽しく歌う


保育士試験当日は、怖い顔をした試験官の前で弾くので、緊張するかもしれませんが、想定は幼児の前で歌うことです。

子どもが目の前にいることを想像したら、歌うのも楽しくなってきませんか?



その気持ちを大切にして、試験当日も歌うべきです。


また、言葉がはっきり伝わるように歌うことも大事です。


子どもは、まだ文字が読めないので、保育士の歌を聞いて歌を覚えます。


そういった子どもにも歌詞が伝わるように、情景が浮かぶように歌えたらいいですよね。


保育士試験の実技「音楽」を受ける前に知りたいこと


保育士試験の実技を受ける前に知っておきたいことがたくさんある方もいますよね。


今回は、「音楽」の試験に焦点を絞って、知りたいことをまとめました。


保育士試験の実技「音楽」はギターでもいい?


保育士試験の音楽は、「ギター」でもOKです。

・ギター

・アコーディオン

・ピアノ



この3つから楽器を選んで演奏します。


ギターとアコーディオンを使って演奏する方は、自分で試験会場に持ってくる必要があるので注意です。


※ピアノは試験会場にあるものをつかいます。

りさ
りさ

実際にギターを持ってきている人は結構多くいましたよ。



保育士試験の実技「音楽」は暗譜?


保育士試験の音楽は、暗譜しなくてOKです。


楽譜を持ち込めるので、それを見ながら演奏し、歌ってください。

ただし、楽譜が倒れてこないなどの工夫はしておいたほうがいいかもしれません。



保育士試験の実技「音楽」はペダル使う?


ピアノを使う方は、ペダルを使うこともできますが、使わなくてもいいです。

りさ
りさ

私は使いました。



曲に合わせて使うといいかもしれません。


ペダルを必ず使う必要はないので、無理に入れる必要はないですし、必要以上にペダルを入れても、音がごちゃごちゃしてしまう可能性もあるので注意が必要です。


保育士試験の実技「音楽」で移調は原点になる?


受験の手引きに移調してもOKという記述があるので、移調しても大丈夫です。


ただし、子どもの歌なので、そこまで歌いにくくはないはずです。


また、移調することによって、伴奏がやりにくくなる可能性もあるので、気を付けながら移調してください。


保育士試験の実技「音楽」の流れは?


試験の流れは、簡単に説明するとこんな感じです。

・朝ガイダンス
  ▼
・待機時間
  ▼
・試験の部屋に入室
  ▼
・受験番号のシールを試験官に渡す
  ▼
・受験番号と名前を言う
  ▼
・2曲歌う(どっちも1番だけ)
  ▼
・退室



このような流れで、試験が行われます。


言語の試験では、試験の前に「題材の名前」を言わなければいけませんが、音楽の場合は言う必要はありません。


また、受験番号のシールを渡すなどに関しては、朝のガイダンスで説明してくれるので、よく聞いておきましょう。


保育士試験の実技「音楽」で音痴はどうしたらいい?


音楽の試験を受ける方の中には、音痴が心配という方もいると思いますが、とにかく練習しましょう。


録音をして自分の歌を客観的に聞いたり、友だちや知り合いに聞いてもらうといいかもしれません。

保育士試験の音楽は1音も外してはいけない、というような試験ではないので、何度も練習して歌えるようにしましょう。



保育士試験の実技「音楽」を不合格になることある?


保育士試験の実技は、受かりやすいと言われていますが、不合格になることはあります。

・リズムが違う

・メロディーが全く違う

・歌が完全に止まってしまう



上記のような理由で不合格になってしまう方はいるようです。


しかし、しっかり準備をしておけばそこまで心配する必要はありません。


次は、私の試験の準備の仕方について紹介していきます。


保育士試験の実技「音楽」の準備の仕方


保育士試験の実技の準備は、筆記試験の合格通知が来てから準備を始めました。


なので、約1ヶ月くらいで準備をしたことになりますが、十分間に合ってます。


私の「音楽」の準備はこんな感じで行いました。

・楽譜を探す

・練習の場所を探す

・練習をする

・録画してみる



上記のような流れで準備、練習をしていました。


楽譜を探す


まずは、楽譜を探すことから始めます。


2020年はこの2曲が課題曲でしたね。

・大きな栗の木の下で

・ニャニュニョのてんきよほう



2つとも演奏して歌わなければいけないので、2曲分の楽譜を探します。


市販で販売されている楽譜は、難しいものが多いので、実際に見て選んだほうがいいです。

楽譜は先ほどもお伝えした通り、簡単なものでOK。



コードがわかる方は、「受験の手引き」にある楽譜を使って、左手の伴奏などを作ってもいいかもしれません。


楽譜が見つからない方は、「ぷりんと楽譜」というサイトで見つけるのもおすすめです。

「ぷりんと楽譜」はここから


1曲から楽譜を購入することができます。



練習の場所を探す


楽譜が見つかったら、練習する場所を探します。


「音楽」の試験を受ける方は、練習する場所がないときついです。

りさ
りさ

私は保育士試験を受けた時に大学生だったので、大学で練習することができました。



練習する場所がない方は、電子ピアノを購入してもいいかもしれません。


働く場所にもよりますが、ピアノを使う保育園などでは、自宅でピアノの練習が求められる場合もあります。



そこまで高くない電子ピアノを探してみてください。


また、ピアノ付きの貸しスタジオもあるので、そういったところを使うのもいいかもしれません。

ピアノ付き貸しスタジオ(piano studio Noah)



練習する


練習する場所が見つかったら、練習をしていきます。


まずは、「メロディー」と「リズム」の確認からしましょう。


楽譜が読むのが苦手な方は、YouTubeで検索すると、正しい歌が出てくるのでそれを参考にしましょう。

『ニャニュニョのてんきよほう』~初級・上級アレンジ~【令和2年度保育士試験課題曲】



ピアノで伴奏を行う方は、片手ずつ練習をして確実に弾けるようにやっていきます。


左手の伴奏が難しかったら、楽譜の通りじゃなくても大丈夫です。


簡単にアレンジしましょう。

▼一人で練習が難しい方は、大人のピアノ教室に通うのもいいかもしれません。

【Beeミュージックスクール】無料体験あり!



録画してみる


ある程度弾けるようになってきたら、自分が演奏して歌っているところを録画してみましょう。

・リズムや音程が合っているか

・歌っている時の雰囲気はどうか



実際にやりながらでは気づきにくい部分に、録画をすることで気づくことができます。


このように何度も練習をして試験まで準備をしていきましょう。


保育士試験の実技「音楽」は練習すれば合格できる


保育士試験の実技「音楽」は練習すれば合格することができます。


不合格が心配している時間があるなら練習するべきです。


試験当日は、

・大きな声で

・子どもと一緒に楽しく歌う

・止まらない



この3つを気を付けて演奏して歌うことができたら、合格できるはずです。


音楽の試験は、他の「言語」や「造形」に比べて、練習する場所がないと難しいという面がありますが、そこさえクリアすることができたら、3つの中で1番楽しく試験を受けることができるはずです。


保育士試験に受かったら?


保育士試験の実技試験に受かることができたら、「合格通知」が自宅に届きます。


これを使って、「保育士登録」の手続きを各都道府県に行います。


手続きを行う都道府県は、どこでもできます。


私は、千葉に住んでいたので、千葉県で行いました。


保育士の登録が終わり、保育士証が届いたら、保育士として働くことができます。

▼保育士が働ける場所を探すなら

保育専門求人サイト【ほいく畑】

専属コンサルがサポート【サポート保育】

【きらぽんJOB】



素敵な職場で保育士として、お仕事頑張ってください。


ということで、今回は終わりにします。

▼保育士に関する記事はこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました