私が正規保育士を辞めた理由を正直にお話します。理由は1つじゃない

ねえ!りささんが保育士辞めた理由って
どうしてなの?

りさ
りさ

確かに辞めた理由について
詳しく話してなかったですね。



こんにちは、フリーランス保育士のりさです。


現在の私は、フリーランスとしての仕事をしながら、週に何回か保育士のお仕事をさせていただいています。


このブログでは、「私が保育士を辞めた理由」を話していなかったので、改めてお話していこうかと思います。


私が正規保育士を辞めた理由を正直にお話します


私が正規保育士を辞めると決めたのは、ちょうど1年前くらいでした。(2019年9月くらい)


その年の5月くらいから、「来年も保育士しようか、どうしようか」を悩んで、9月か10月に決断したという感じでした。


保育士を辞める理由を自分でもわかっていなかった


正規保育士を辞める理由ですが、実は、最近まで自分でもよくわかっていませんでした。


よくわかっていなかったというより、「わからないフリ」をしていたと言ってもいいかもしれません。


しかし、ようやく当時の自分の気持ちに素直に向き合えるようになったので、こうやってブログを書いています。

この記事は、私が正規保育士を辞めた理由を噓偽りなく書いていきます。
不快な思いをしてしまう人もいるかもしれませんので、読みたくない方はここで「戻る」を選択して、他の記事を読んでくださいね♪



私が正規保育士を辞めた理由


私が正規保育士を辞めた理由は、「これ!」というものがありません。


色々な要素が混ざりあって、「辞める」という選択をすることにしました。


私が正規保育士を辞める決断をした理由は、これです。

・新しいことにチャレンジしたかった

・責任に耐えられなかった

・保育士に若干飽きていた

・1人で抱えきれなかった

・精神的に限界だった

・保育士の将来性に疑問を感じた

・あと2年続けなければいけなかった



全て正直にお話していこうと思います。


新しいことにチャレンジしたかった


私って、小さい頃から「自分のやりたい!」と思ったことにチャレンジするのが、好きでした。


部活を週6でしながら、習い事を4つやっているような人だったんです。


そんな性格は、大人になってからも変わらず、保育士をやっていくうちに、保育士以外のことも経験してみたい!と思うようになりました。

そこで、一番に頭に浮かんだことが、「在宅の仕事」をするでした。



自分ができる在宅の仕事で、やってみたいことって何だろう?と考えた時、

・サイト運営(ブログ執筆)

・ライター



これが頭に浮かんだので、「よし、やってみよう!」となりました。

ただ、前向きな理由はここまで。

ここからは、ちょっと暗い話になっていきます。


責任に耐えられなかった


保育士って、責任がとても大きいお仕事ですよね。


その責任の大きさに、押しつぶされるような感覚になったことのある保育士さんいませんか?


保育士は、「保育」という仕事の前にたくさんの子どもの「命」を預かるお仕事です。

りさ
りさ

「命」のことを考えると
「あああああああ」と
苦しくなるんです…



「今、大地震が来たらクラス全員の命を助けられる?」「どうやったらみんなを避難させられるの?」と考えると、「あ、私には無理だ…」となってしまいます。


他の保育士に話をすると、「考えすぎだよ」と言われるのですが、「命」のことを考えないことは、私にはできませんでした。


保育士に若干飽きていた


「若干飽きていた」という言葉で表現をすると、誤解を生みそうですが、正直に言えば飽きていた部分がありました。
保育士のお仕事って、1日として同じ日がありません。


しかし、仕事のパターンは、ほとんど一緒だなと感じるようになったのです。


「ああ、なんか私、毎日同じことしているな」と思ったのは、こんな時。

・子どもの姿を見る
   ↓
・保育士としてどうしていけばいいか考える
   ↓
・見守ったり、関わったりする
・時には環境を変えたり道具を新しいものに変えたりする



上記は、保育士として当たり前のことです。


本当ならば、上記が当たり前にできるようになることで、保育士としての余裕も生まれて、さらによい保育に繋がっていくのだと思います。


保育士として成長している一方で、私個人としての成長が止まっているように感じるようになっていました。

りさ
りさ

保育は楽しいんだけど
何か物足りない…
そんな感じでした。



1人で抱えきれなかった


辞めると決断した年にリーダーとして担任していたクラス(幼児)は、本当に個性豊かなクラスでした。


「個性豊か」と表現すれば綺麗に感じますが、正直大変でした。


幼児クラスでしたが、子どもの実態としては、1歳~幼児の異年齢クラスのような雰囲気です。

りさ
りさ

遊びも生活習慣の自立も
乳児レベルの子が
たくさんいました。



また、クラスの1/4が外国籍のお子さんで、言葉の壁、コミュニケーションの壁もありました。


こんな個性豊かなクラスだったので、悩みも尽きません。


園長を含め、役職者の先輩に何度も相談しました。


もちろん、親身に聞いてもらいましたが、結局言われる言葉は

それだけ考えて保育しているなら大丈夫!



もちろん、私のことを信頼してくれていたからこそ、そうやって言ってくれたと思うのですが、私の心の中は…

りさ
りさ

何が大丈夫なのー泣
私はどうしたらいいのー!



こんな感じでした。


私には、あのクラスを1人で抱えるだけの余裕も知識もなく、日々「どうしたらいいの…」の毎日だった気がします。


精神的に限界だった


この個性豊かなクラスでの1年は、私にとってだいぶきつかったです。


休みの日は、出かけることなく、1日中お布団で寝ていました。


友だちとすら会おうと思えず、あんなに人と遊ばなかった1年はないんじゃないかな?といいうくらい引きこもっていた1年間でした。


あの時は、「やっぱり疲れているんだな~」なんて思っていましたが、あれはただの疲労だけじゃないと今ならわかります。


過去にうつ病になったことがありますが、あのまま続けていたらうつ病再発させていた気がします。

りさ
りさ

だいぶギリギリで
もう無理だったんだろうな~



辞めると決断したのは、9月か10月でしたが、辞めるという決断してなかったら、本当におかしくなっていたかもしれません。


保育士の将来性に疑問を感じた


保育士の将来性を考えたのもこの頃です。


保育士ってどんなに頑張って続けて園長になっても、年収550万円(私立園)くらいです。

りさ
りさ

どんなに頑張っても保育士が
お金持ちになるってことは
あり得ないんですよね…



私自身、お金に執着がないので生涯年収なんて考えるだけ無駄なのですが、考えたら悲しくなったんです。


保育料が無償化になったことで、「あ、これ保育士の給料はもう増えないな」と思ってしまい、保育士の限界を感じてしまいました。


あと2年続けなければいけなかった


働いていた保育園の色々な事情・状況を見ると、ここで辞めなければ確実にあと2年は続けなければいけない(続けたほうがいい)状況だなという感じでした。


ただ、あと2年続ける、という覚悟が私にはありませんでした。


もしかしたら、結婚するかもしれないし(結果として結婚の予定はないですが笑)、他にやりたいことができるかもしれない。


そうなった時に、仕事が理由で自分のやりたいことができなくなるのは、嫌だなと考えていました。

りさ
りさ

私の中で仕事は第一優先では

ありません。



2年って大きくないですか?


何が起こるかわからないし、自分の気持ちだって2年のあれば大きく変わっている可能性があります。


その中で、2年間保育士をするという覚悟も決意も私にはできませんでした。


正規保育士を辞めて後悔している?


こんな感じで、様々な理由が重なりあって保育士を辞めるという決断をした私ですが、保育士を辞めた後悔は全くしていません。

「しばらくしたら後悔するのかな?」

「去年まで担任していた子を見たら自分が保育したいと思うのかな」



辞める前は、上記のように考えるのかなと思いましたが、そんなことはなかったです。


保育士という仕事は、今でも好きですし、保育に入る時は真面目に保育をしています。


その一方で、自分の可能性をもっと広げたいな!と今は考えています。


実は半年かかりました


辞めるまで、かなり限界な状態で保育士をしていたわけですが、辞めたからといって気持ちはすぐには回復しませんでした。


辞めたあと、それまでの疲労が一気に出たのか、体調を崩して「何もできない日」が続いたこともありました。


正規保育士を辞めて半年経って、ようやく元気になってきたりさです。


辞めたことはネガティブじゃない


「保育士を辞める」と聞くと、ネガティブな印象を受けるかもしれませんが、私にとってはポジティブな決断でした。


もちろん、精神的に限界だったことや保育士の将来性に疑問を感じたことなど、ネガティブに見える理由もあります。


しかし、「他にもやりたいことがある」「チャレンジしてみたい」という気持ちがなければ、本当に「辞める」という決断はしていなかったと思います。

りさ
りさ

辞めたからこそ保育士として
成長できたこともあります!



これからのことはわかりませんが、このブログでは保育に役立つ情報をこれからも発信していこうと思います。

▼今の保育園で働こうか悩んでいる方は他の園の情報を集めるのもありかも

保育専門求人サイト【ほいく畑】

専属コンサルがサポート【サポート保育】

【きらぽんJOB】



▼正規保育士を辞めたからこそ気づいたパート保育士のこと

仕事
スポンサーリンク
りさをフォローする
保育士のハッピーなお部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました