保育士で「うつ」かもと思った時に読んでほしい話。一回休もう

ともだち
 

最近体調が優れないけど、これってもしかして「うつ病?」

ママ
 

うつ病っぽいのかもしれないけど、まだまだ頑張らないといけない



という方いませんか?



元保育士のRisaです。


保育士になる前の話ですが、18~19歳の時に「うつ病」になりました。


保育士をやっている時も、何度か「これ以上頑張ったら再発する」という経験をしてきました。


今回は「保育士とうつ病」というテーマで話をしていきます。


実際にうつ病になった、私の経験談も紹介できればと思っています。


保育士で「うつ」かもと思った時に読んでほしい話


うつ病は、あなたが思っている以上に身近な病気です。


保育士の中にも「うつ病」で苦しんでいる人はいます。


もしかしたら、うつ病になりかけている人、うつ病になっているのに、まだ頑張り続けている人もいるかもしれません。


うつ病って何?


うつ病とは、一言で説明することが難しい病気です。


「こころの風邪」と言われることもありますが、風邪という言葉で説明していいほど、軽い病気ではないです。


どんな人も、何か嫌なことがあって落ち込み、「うつ状態」になることがあります。


そのうつ状態が続くと、うつ病になってしまうことがあるんです。

保育士,うつ,うつ病,保育園



この2つの区別をつけることは、難しく、うつ状態になったことがある人なら、どの人もうつ病になってしまう可能性があります。


うつ状態とうつ病の大きな違いは、「日常生活や社会生活に及ぼす影響」になります。


うつの症状


うつの症状も人それぞれです。


気持ち・身体・仕事(社会生活)など様々な場面でうつ病の症状は見られます。

〇気持ちに見られる症状

・億劫    ・悲しい

・落ち込み  ・話がしたくない

・弱音を吐く ・イライラ

・趣味をしても楽しくない

・考えることができない

・身だしなみを整えるのもしんどい

・美意識がなくなる

・死にたい   ・罪悪感



上記のような症状が気持ちの面に見られます。

〇仕事で見られる症状

・仕事に行きたくない

・ミスが増える

・子どもと一緒にいても楽しくない

・決断ができない ・テキパキ動けない

・ぼーっとする  ・笑えない



保育士がうつ病になると、上記のような症状が仕事中に見られるかもしれません。

〇身体の症状

・突然涙が出てくる ・寝られない

・体重の減少・増加 ・吐き気

・めまい      ・身体の痛み

・動機       ・呼吸困難

・便秘       ・下痢



このように多岐にわたる症状がみられます。


ちなみに、私が「うつ病」になって一番ひどい時は、このような症状が見られていました。

保育士,うつ,うつ病,保育園



気づかない間に、症状はどんどん悪くなっているので、本当に気をつけてください。


うつ病のチェックリスト


うつ病の症状は、多岐にわたり、日常でも見られる症状もたくさんあります。


『「うつ」かもしれない死に至る病とどう闘うか』という本に、9つのうつ病チェックリストがあったので、参考にしてみてください。

①一日中気持ちが沈む

②これまで好きだったことが楽しいと感じられない

③急に体重や食欲が落ちる(逆に増えることもある)

④眠れない、あるいは眠りすぎる

⑤そわそわと落ち着かなかったり、反対に動作が鈍くなる

⑥毎日身体がだるく、何もする気がしない

⑦自分をダメ人間と考える

⑧何も決められなくなり集中して考えられない

⑨死にたいと思う

『「うつ」かもしれない死に至る病とどう闘うか』より引用。



上記9つのチェックリストから5つ以上、かつ2週間以上続いている場合は、うつ病の可能性が高くなります。
(①と②のどちらかは必ず含まれること)


「あ、私2週間以上は続いていないから大丈夫だ!」と思っている人も注意が必要です。



気づいていないだけかもしれませんし、これから続く可能性もあります。

りさ
りさ

ちなみに、私は全く気づいていませんでした。気づいたら、ベッドから起き上がれないという状況になってましたね。



うつ病は死んでしまう危険な病気


うつ病について、1つ知っておいてほしいことがあります。


うつ病は死に至る可能性のある、危険な病気だということです。


自殺者の半分以上が、うつ病だと言われています。


うつは、こころの風邪という表現をされるため、薬を飲んだり、早く対応すれば治ると思っている人もいるかもしれませんが、そう簡単な病気ではないことを知っておいて下さい。


うつ病は再発率が高い


もう1つ知っておいてほしいことがあります。


うつ病は、再発率がかなり高いです。


うつ病が治ったと思い、薬の服用をやめた人の50%が再発すると言われています。


また、2回目の再発をした人で、2回目が完治したと思い、薬の服用をやめると、90%の人が再発するそうです。

保育士,うつ,うつ病,保育園



再発すると、1回目より症状が重くなると言われているので、適切に対応することが求められています。


うつ病と似ている適応障害


うつ病とかなり、症状が似ていると言われているのが、「適応障害」です。


うつ病と適応障害の大きな違いは、

適応障害:はっきりと確認できるストレス因子がある



これが原因である、とわかっている時は、適応障害であることがあります。


保育園にはうつ病の原因(リスク)がたくさん


うつ病発症の原因は、人それぞれですが、保育園にはうつ病の原因となるリスクがたくさんあります。

・職場の人間関係

・仕事量の多さ

・命を預かる責任感

・保護者との関係

・子どもとの関係



何がうつ病の原因になるかわかりません。


そして、必ずしも「嫌なこと」「ストレスと感じること」が原因になるわけではなく、楽しいこともうつ病の原因になることがあります。


職場の人間関係


保育園の人間関係は、園によってはかなり複雑です。


派閥があるところもあれば、上下関係が厳しすぎる保育園もあるはずです。

・先輩からの厳しい指導

・先輩に日々気を遣う

・周りと比べられる

・気軽に話ができない雰囲気

・自分だけ真面目に仕事をしている
 (周りは協力的ではない)



上記のようなことが、うつ病の原因になることがあります。


仕事量の多さ


保育士は、一人で抱える仕事量がかなり多くなります。


質的の仕事量もですし、精神的な仕事の多さも関係あります。

・日々の保育の記録

・日案、週案などの書類作成

・行事の準備

・保育の準備

・日々の保育



上記のように保育士は毎日やることでいっぱいです。


仕事の多さが原因で、うつ病になることもあります。


命を預かる責任感


保育士の仕事は、子どもの命を預かるというかなり責任感が重い仕事です。

・災害

・アレルギー

・熱性けいれん

・てんかん

・怪我



上記のように、子どもの命に関わることはたくさんあります。


保育園にいる子どもたちは、まだ自分の命を自分で守ることが難しい年齢です。


そういった子どもたちの健康と命を守らなければいけない重圧を感じながら、仕事をしている間にうつ病になってしまうかもしれません。


保護者との関係


保育士は、たくさんの保護者と関わりながら仕事をしています。


保護者対応とうつ病を並べると、「クレームを言われた」ということを想像するかもしれませんが、クレームがなくても、うつ病になってしまう可能性はあります。

・多くの保護者との関係づくり

・クレーム、要望に対応

・怪我の報告



上記のように、ちょとしたことも負担となって、うつ病になってしまうことがあります。


子どもとの関係


子どもとの関係の中でもうつ病になることがあります。


保育士として、子どもと関わるということは、かなり体力を使います。

・子どもが泣く

・子どもが大きな声で怒る



上記のような場面では、保育士の精神も揺さぶられてしまいますが、そんな中でも常に冷静に子どもたちと関わることが保育士には必要です。


自分の気持ちを押し殺して、冷静になることはかなり体力が必要ですが、そういったことを繰り返す中で、うつ病になってしまう可能性もあります。


精神的に追い込まれていないと思っていても、知らず知らずの間に「抑うつ」の気持ちは大きくなっているかもしれません。



うつ病かもと思った保育士さんへ


今、うつ病で苦しんでいる保育士さん、うつ病かもしれないと思っている保育士さん、本当に大変だと思います。


せっかくの休みの日、

・寝ることしかできない

・身体を起き上がらせることもできない

・美意識がなくなる

・子どもの前でも笑えなくなる



このように、苦しんでいる保育士さんいるはずです。


そんな保育士さんは、

「休んで」



本当に休んでください。

・休職

・退職

・継続



うつ病になったら、3つの選択肢が考えられると思いますが、「継続」の判断はせずに、ゆっくり休みましょう。


うつ病かと思ったら保育士を一回休もう


うつ病は、休まないと治りません。


それどころか、どんどんひどくなっていきます。


普通の風邪なら、薬を飲んでちょっと気合を入れると治るのかもしれませんが、うつ病はそうはいきません。

うつ病になりかけてる?



そう思っている人も休むことが大事です。


休みながら、日々の体調を把握してください。


うつ病は知らず知らずの間に悪くなっていき、気づいたらベッドから出られないという状況になってしまいます。


休むことに抵抗を持たないで


急に「休んで」と言われても、休むことに抵抗がある人も多いのではないでしょうか?

・自分が頑張らないとあのクラスは…

・自分の努力が足りないだけ

・怠けているからだらだらしてるだけ…



上記のように思っているかもしれませんが、それは違います。


もう十分に頑張っていて、頑張りすぎているので、一回休みましょう。


クラスも大事ですが、あなたの命がもっと大事です。


休職か退職かあなたに合わせて


うつ病かと思ったら、まず病院にいきましょう。


そして、病院の先生と相談しながら、「休職」か「退職」もしくは、「継続」を考えてみてください。

うつ病のまま「継続」することは、リスクが大きいのでやめておくべきです。



休職か退職の決断は、最終的には自分の気持ちが楽になる方法を選択するべきです。


休職は、期限が決まっていることも多く、それがストレスと感じてしまう場合は、退職の選択のほうがいいかもしれません。

元気になったらまた保育士はできます。



お金の心配もあるかもしれませんが、お金よりも身体が大事です。



うつ病で休職中の保育士の過ごし方


うつ病で、保育士を休むことになったら、最初は「休んでていいのかな」と頭で考えてしまうかもしれません。


そうならないためにも、休職中の保育士の過ごし方を紹介していきます。


休む


まずは、休みましょう。


罪悪感を感じてしまう気持ちは十分にわかりますが、休まないとうつ病は治りません。


今まで頑張ってきた分、神様から休む時間を与えてもらったと思って、ゆっくりしましょう。


復帰を急がない


うつ病が少し良くなってくると、「仕事ができそう!」と思う気持ちになりがちです。


しかし、復帰は急がないようにしましょう。


うつ病は、再発率がかなり高い病気なので、復帰を急ぐと必ず失敗してしまいます。

焦らずのんびりやっていきましょう。



趣味をやってみる


うつ病で休んでいると、「仕事を休んでいるんだから、自分は楽しんではいけないんだ」という気持ちになりがちです。


しかし、そうではありません。


自分の好きな趣味を楽しんでみたり、買い物に行ってみたりすることは大切です。


全力で楽しめるわけではないかもしれませんが、ベッドから出て、家から出て活動をすることは、うつ病を治すのに必要な行動です。

軽い運動ができるとさらにいいですよ。



1日に30分でも1時間でもいいので、活動をしてみることは必要です。


ちょっとずつ復帰する


うつ病がよくなり、復帰ができそうとなったら、病院の先生と相談しながら、復帰について考えていきましょう。


復帰するときは、ちょっとずつ復帰することが大切です。

りさ
りさ

ちなみに、私がうつ病から完全に復帰するには、2年かかりました。



自分にとって働きやすい環境(保育園)を見つけて、復帰していくことが、再発の防止には大切です。


最初は、パートで1日数時間、週に数日でもいいです。


身体を壊すまで頑張るのは、もうやめましょう。

▼自分に合う働き方ができる保育園を探すならここから

保育専門求人サイト【ほいく畑】

専属コンサルがサポート【サポート保育】

【きらぽんJOB】



最も大切なのは、自分の身体です。


復帰も慎重にやっていきましょう。


保育士のうつは本当に気をつけて


ここまで、「保育士とうつ病」というテーマでお話してきました。


繰り返しになりますが、保育士もうつ病になってしまう可能性があります。

保育士,うつ,うつ病,保育園



上記のような症状が見られたら、注意してください。また、症状が続いて日常生活や仕事に影響が出てきたときは、病院に行ってください。


保育士は、1年間クラスの担任として働くため、年度途中で仕事を休む選択をしにくい職業です。


そのため、体調不良を感じながら働き続けてしまう人は必ずいるはず。


しかし、無理をすることは、何もいいことはありません。

・あなたの体調にも

・クラスの保育にも

・プライベートにも



きっと、頑張って仕事をしている人ほど休めない、休みたくないと感じていると思いますが、大切にしてほしいことは、あなたの身体と命です。


それを理解して、保育士の仕事をやっていきましょう。


ということで、今回は終わりにします。

▼自分の体調に合わせた働き方ができる保育園を探すなら。

保育専門求人サイト【ほいく畑】

専属コンサルがサポート【サポート保育】

【きらぽんJOB】



▼保育士に関する記事はこちらから。

悩み
スポンサーリンク
りさをフォローする
保育士のハッピーなお部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました