保育園の就職先の選び方のポイント。元保育士の私ならここを見る!

保育学生
保育学生

保育園ってたくさんありすぎて、どんな保育園に就職したらいいかわからない

ともだち
 

保育士をしていた人に聞きたいんだけど、どんなところに注目して就職先を選べばいいの?



という方いませんか?


元保育士のRisaです。


現在就活中の保育学生さんや、転職を考えている保育士の方にとって、「就職する保育園」をどのように選ぶかというのは、悩みの1つですよね。


ということで、今回は、「保育園の就職先の選び方」を紹介していきます。


元保育士の私なら何を特に意識するか、「就活ランキング」も紹介していきます。


保育園の就職先の選び方のポイント


保育園の就職先を選ぶ時のポイントは、たくさんあります。


そのたくさんあるポイントを下記にまとめました。

・保育方針

・残業・残業代

・有給取得率

・給料(ボーナス)

・行事の多さ

・開園時間

・場所

・保育園の規模

・雰囲気

・福利厚生



こんなにたくさんありますが、1つ1つチェックしていけば、きっと働いて楽しい保育園に出会えるはずです。


保育方針


保育方針をチェックすることは、重要ポイントの1つです。

自分がやってみたい保育と合っているのか、それとも全く異なる保育をしているのか、そこは最低限確認しましょう。

もしあなたが、子どもの自主性を大切にしたい保育がやりたい!と思っているのに、全く正反対の保育をやっている保育園で働くのはとっても大変ですよ。



保育士をやっている時に、自宅が近いからという理由だけで、就職先を選んでいた先輩を見てきましたが、やっぱり保育観が合わないことで、かなり悩んでいたように見えました。

・自分の個性に合っている

・自分の得意なことを生かせる



上記のようなことも含めて、保育方針をみていくといいですよ。


残業・残業代


保育園によっては、残業が多い保育園もたくさんあります。


また、残業はないけど、持ち帰りの仕事はたくさんある保育園もあります。


その一方で、「残業0」「持ち帰りの仕事0」を大切にしている保育園もあるんです。


あなたが、どのような働き方をしたいかによりますが、残業がある保育園よりは、残業が少ないほうが嬉しいと思いませんか?

残業があるなら、残業代がしっかり支払いされる保育園を選びましょう。



有給取得率


有給取得率もチェックが必要です。


有給が取りやすい保育園と、有給が取りにくい保育園の差はかなり大きいです。

有給を申請するのにも、理由を書かなけれないけない保育園もあると聞いたこともあります。



有給取得率の数字をしっかり出している保育園もあるので、そこの確認は忘れないほうがいいですよ。


給料(ボーナス)


保育学生にとっては、給料のことはよくわからない部分もあると思いますが、確認しておくことは大切です。

・月給が高いけど、ボーナスが低い

・月給が低いけど、ボーナスが高い



上記のように、給料の高さは様々であり、実際に計算してみないと、どれくらいの差があるのかはわかりません。


求人票の給料の書き方が、

・基本給+補助(国や自治体からの)の合計で記載

・基本給のみの記載



上記のように、記載の仕方は保育園によって異なるので、気をつけて求人情報をチェックすることが大切です。


また、ボーナス(賞与)の見方がわからない保育学生の方いませんか?ボーナスの見方を紹介しておきます。

〇ボーナス3ヶ月分だったら

・「1ヶ月の月給(基本給)×3」を1年間でもらえる

・年3回のボーナスなら、毎回3ヶ月分もらえるわけではない

・3ヶ月分を3回に分けてもらえるってこと



上記を知っておくと、ボーナスの計算がやりやすくなるはずです。


行事の多さ


行事の多さは、単純に保育士の仕事量に直結していきます。

行事が多い=仕事が多い



そう思っててもらっていいです。


行事を頑張りたい!と思う働き方ももちろんありです。


発表会を保育園ではなく、ホールで行うような保育園だと、発表会のクオリティが上がる傾向があることを知っておくといいかもしれません。


開園時間


保育園が、何時から何時まで開園しているのかもチェックが必要です。


それによってあなたの勤務時間が変わってきます。

開園時間が長ければ長いほど、早番と遅番の差が大きくなります。



長時間開園している保育園は、早番の先生の退勤時間は早く、遅番の先生の出勤時間は遅くなります。


そういった状況になることを想定して、考えてみるといいかもしれません。


場所


まず、あなたがどのように出勤するか考えてみてください。

・電車で通勤:駅からどのくらいの距離か

・自転車で通勤:平地か、坂道が多いか

・車で通勤:近くに駐車場があるのか



それぞれの出勤スタイルによって、通勤がやりやすいかどうかを考えてみてください。


また、早番の日は朝がかなり早く、遅番の日は帰りがかなり遅くなってしまうので、保育園までの距離が精神的負担に比例してきます。


通勤時間が短ければ、負担は少ないです。


保育園の規模


保育園の規模もチェックしておきたい項目の1つです。

・園児の人数は?

・1クラスの人数は?



上記のようなことを確認してください。


園児の人数が多い保育園は、職員の人数も多く、行事も規模も大きくなります。


1クラスの人数もチェックが必須です。

1歳児20人1クラスと、1歳児10人の2クラスでは、保育の雰囲気が全く異なります。



他にもパートさんと職員の人数や、1クラスの保育士の人数など、確認しておきましょう。


資格ありのパートさんで、なんとか埋め合わせをしている保育園も意外と多いので、確認です。


雰囲気


あなたの雰囲気に合う保育園で働くことができたら、さらに楽しく働けるはずです。

・楽しい雰囲気で働きたい

・落ち着いた雰囲気で働きたい



きっとあなたの個性に合う雰囲気は、あるはずです。


逆に、しんどい暗い雰囲気の保育園では、働きたくないですよね。


福利厚生


福利厚生って何?という保育学生さんもいるかもしれませんが、「社会保険完備」は必須条件にしておきましょう。


そうじゃないと、保険料が自腹になって、手取りの給料がかなり少なくなってしまうことになってしまいます。


また、関東などでは、家賃補助が自治体から出ているところもありますが、全ての保育園で利用できるわけではありません。

自治体の家賃補助を利用している保育園なのか、保育園独自の家賃補助しか使っていないのか、を確認しておいてください。



関東の自治体が出している、家賃補助は「約8万円」なので、一人暮らしの人にとって、使うのと使わないのでは、大きな差が開いてしまいます。


福利厚生わからない!と言わずに、チェックできる部分は確認しておきましょう。


保育園の就職先の選び方(元保育士目線から)



ここからは、たくさんある保育園の就職先選びのポイントの中から、元保育士の私なら特にここを重要視するというポイント「ベスト5」を紹介していきます。


私が就職先を選ぶ時に意識したい部分はこれです。

1位:残業

2位:保育方針

3位:行事の多さ

4位:保育園の規模

5位:雰囲気



なぜ、この順位にしたのか紹介していきます。


1位:残業


一番大事にしたいことは、「残業」ですね。


基本的に残業がある生活はしたくないので、残業がない、もしくは少ない保育園に就職したいです。

残業=自分の人生の時間で仕事にかける時間が長くなる



ということになるので、プライベートはプライベート、仕事は仕事と、メリハリを持って仕事をしていきたいですね。


また、残業が増えるということは、身体と心の負担が増えるということになります。


疲れている状態では、ベストな状態で保育ができないので、残業が少ない保育園を選びます。


2位:保育方針


第2位は、保育方針です。


保育方針が合わなくて悩んだり、愚痴を言ったりしている保育士を見てきたので、自分に合わない保育はできないですね。

多分、先輩や後輩ともぶつかりが生まれます。



自分に合わないと思う保育をすることは、新しい発見がある可能性はあるかもしれませんが、ほとんどの場合、ストレスになってしまい、保育にも影響が出てしまう可能性があります。


3位:行事の多さ


先ほども紹介しましたが、「行事の多さ=仕事の多さ」になることが多いので、必要以上に行事のやっている保育園は選びません。

また、発表会のクオリティも気にしてしまうかもしれません。



クオリティの高い発表会を実施している保育園では、衣装づくりにかかる時間や大道具を作る時間がかなり膨大になるはずです。


そういったことも考慮して、行事の数を見ながら、就職先を選びます。

りさ
りさ

行事のクオリティよりも、普段の保育を大切にしたいと個人的に考えています。



保育に支障が出る、行事はいらないかな。


4位:保育園の規模


第4位は、保育園の規模です。


特に「1クラスの人数」はよく確認します。


どの学年においても、1クラスの人数が多くなると、子ども一人ひとりを見ることが難しくなるので、多すぎない保育園を探します。


保育園全体の人数に関しては、

・人数が多い保育園:行事の規模が大きい

・人数が少ない保育園:職員の人数が少なく、休みがとりにくい



上記のような特徴があるので、そういった面も考慮していきます。


5位:雰囲気


自分に合っている雰囲気の保育園で働きたいので、最後の決め手になるのは、保育園の雰囲気かもしれません。


マニュアルがしっかりある保育園で働くことが合う人もいれば、柔軟に保育する保育園もあると思いますが、自分に合う保育園を選んで、楽しい保育士ライフを送りたいですね。


そして、番外編になりますが、「最低限の福利厚生」は、前提条件です。


保育園は実際に見てみることが大事


保育園の就職先を選ぶポイントはたくさんありますが、最終的に判断するのは、実際に見てからにしましょう。


雰囲気を肌で感じることができます。


保育園の雰囲気味わうには、

・保育フェア:保育士や園長、主任と話をすることができる

・園見学:園長や主任と話ができる、保育園を実際に見れる



上記のように2つの方法があります。


実際に見たり、話をしたりする時のポイントを紹介していきます。


子どもと保育士の様子


園見学の時には、実際の保育の様子を見ることができます。

・子どもが安心して保育園で遊んでいる?

・大人は自然な雰囲気で、保育室にいる?

・子どもと保育士の関係は良好?



上記のような点を見てみましょう。


もちろん、保育士が忙しくしている場面もあるかもしれませんが、その中でも、落ち着いた雰囲気で保育をしていたら、魅力ある保育園なのかもしれません。


また、保育の様子を見て、保育方針にあっているかを見ることも大事です。

保育方針を保育士が理解していない場合もあります。



実際に保育方針と保育の様子が異なる保育園もあるかもしれません。これは、事情があるかもしれないので、気になることがあれば、聞いてみましょう。


園長・主任の様子


園見学やフェアで説明してくれるのは、園長や主任の方が多いかもしれませんが、その方が話やすいか、どうかも重要です。


園見学の時に話しやすいということは、保育士として働き始めてからもきっと相談しやすい園長、主任に違いありません。


また、現在働いている人が、園長や主任と良好な関係になっているのかを見ることができたら、さらにいいかもしれません。


クラスの環境


クラスの環境にも目を向けてみましょう。

・おもちゃや棚、テーブルの配置は?

・コーナー保育か、それとも別の形態をとっているか

・乳児クラスに受け入れ室があるのか

・トイレは、お部屋の中にあるか、お部屋の外か



上記のようなところを見てみましょう。


環境は、あなたが保育士として働き始めてからの、「働きやすさ」「保育のしやすさ」に繋がっていきます。


園の設備


保育園の設備も見てみましょう。

・園庭は?

・園庭の広さは?

・園内のきれいさは?

・保育士の更衣室は?



上記のようなことに注目してみてみましょう。


園庭のない保育園ならば、散歩に行く機会が多いということです。


散歩がしやすい保育園周辺なのか、公園の数はどれくらいあるかなども見ることができたらいいですよね。


聞きたいことはたくさん聞こう


他にも聞きたいことは、なんでも聞いてみましょう。


きっと、質問したことは答えてくれるはずです。

例えば、職員の食事は給食か、持参か?これも聞いておくといいかもしれません。



他にも見学中に気になったことは、全て聞いてみましょう。


保育園の就職先の選び方は慎重に


ここまで、保育園の就職先の選び方を紹介してきました。


保育園の就職先の選び方は、

・保育方針

・残業・残業代

・有給取得率

・給料(ボーナス)

・行事の多さ

・開園時間

・場所

・保育園の規模

・雰囲気

・福利厚生



上記のようなことを見ながら、選んでみてください。


保育士は、仕事柄「年度途中」で辞めにくい仕事なので、就職先を慎重に選ぶ必要があります。

担任なのに、途中でやめます、とは言いにくいです。



つまり、1年間は働かなければいけないということを理解して、働く保育園を探してください。



自分に合う保育園の選び方は?


保育園の求人は、ネットで「保育園 求人」と調べてももちろん出てきますが、それで調べるよりも、保育士専用の就職サイトを使ったほうがたくさんの保育園に出会えます。


たくさんの保育園に出会えるということは、自分に合う保育園に出会える確率が上がります。

▼保育園を探すなら専用サイトに登録

保育専門求人サイト【ほいく畑】

専属コンサルがサポート【サポート保育】

【きらぽんJOB】



保育園の求人は、サイトにか掲載していない保育園も多いので、ぜひ、活用しながら、自分に合う保育園を見つけてみてください。



では、今回は終わりにします。

▼保育士の仕事に関する記事はここから

仕事
スポンサーリンク
りさをフォローする
保育士のハッピーなお部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました