保育士の一人暮らしの実際を紹介!お部屋の広さお金のこと教えるよ

保育学生
 

保育士してるんだけど、保育士の給料で一人暮らしって可能なのかな?

ママ
 

保育士の一人暮らしのメリットデメリットって何?



という方いませんか?


元保育士のRisaです。


一人暮らし歴9年目で、保育士をしていた時も、ずっと一人暮らしでした。


今回は、「保育士の一人暮らし事情」を紹介していきます。


実際に保育士をしながら一人暮らしをしていた私だからこその、本音をお伝えできるはずです。


保育士の一人暮らしの実際を全て紹介


保育士は給料が低いと言われており、低い給料で一人暮らしなんてできるの?


なんて思っている方も多いはずです。


私の保育士時代の給料は、「手取り15万~17万くらい」でした。(全く高くありません。)


そんな私の一人暮らしの

・部屋のこと

・家賃補助

・生活費

・貯金



上記について、紹介していきます。


保育士一人暮らしの部屋の広さ


私が一人暮らしをしていたお部屋は、「40㎡以上」ある「1LDK」の賃貸マンションです。


お部屋の設備について、簡単に下記にまとめておきます。

保育士,一人暮らし,家賃補助,お部屋,お金,貯金



上記のようなところに住んでいます。


他の条件も下記にまとめます。

・2階以上

・駐車場なし

・収納多め 

・築年数30年以上

・リノベーション済み

・鉄筋コンクリート



こんな感じです。


古めの建物ですが、リノベーションされているので、そこまで古さは感じません。

台所と洗面所は最新のものが設置してあります。



保育士一人暮らしの家賃補助は?


あれ?保育士のくせに結構いいところに住んでるんじゃない?


と思った方もいますよね。

家賃補助を使わせてもらっています。



関東など、保育士不足になっている自治体では、自治体が保育士に対して、家賃補助を出してくれて、私の地区では、「8万2000円」の補助が出ていました(一部保育園負担)。


そして、住んでいるマンションの家賃が「8万8000円」なので、実質6000円の自己負担で生活しています。

〇マンションの賃料:88000円

〇家賃補助:82000円

〇自己負担額:6000円



こんな感じで、家賃補助をフルで使って、広い部屋に住まわせてもらっていました。


保育士一人暮らしにかかる生活費


保育士が一人暮らしをするには、家賃だけでなく、生活費がかかります。

保育士,一人暮らし,家賃補助,お部屋,お金,貯金



お金がかかる部分はたくさんあります。


ざっと計算すると、1ヶ月「10万円~15万円」くらいのお金がかかっています。

ただ、私の場合全く節約をしていません。買いたいものを購入する生活をしてて、これくらいかかってます。



1ヶ月の生活にどのくらいお金がかかるのか、下記にまとめました。

・食費:3万~5万円(外食含む)

・光熱費:6000円~1万5000円

・生活に必要な洗剤等:1万円

・衣類:1万円

・美容、コスメ代:1万円

・ジム代:1万

・奨学金返済:2万円

・携帯、ネット代:1万5000円



上記のような感じになるので、結局10万円を超えてしまいます。


食費はもっと抑えることはできるので、節約が上手な方はもっと安くできるはずです。


保育士一人暮らしの貯金は?


こんな感じで、お金に無頓着に生活している私でも、

年間50万~100万円くらいの貯金



はできています。


最初の1年目は、ボーナスが少なく、出費も多いので、なかなか貯まりませんが、2年目からは少しずつ貯金をすることができるようになってきます。


あとは、日々の生活でどれくらいお金を使うか次第です。


保育士の一人暮らしのメリット


ここからは、保育士が一人暮らしをするメリットについて紹介していきます。


個人的には、保育士は一人暮らしをしたほうが絶対にいいと考えています。


保育士が一人暮らしをするメリットを下記にまとめました。

・楽

・ストレスが溜まらない

・ゆっくり休める

・自分の時間を持てる

・通勤が楽



上記について詳しくお伝えしていきます。



一人暮らしは、本当に「楽」です。


家に帰ってきてから、気を遣わずに生活することは、本当に幸せです。


保育士は仕事柄、仕事中にたくさんを気を遣っている方が多いと思いますが、一人暮らしの家では誰にも気を遣わずに、楽に過ごすことができます。


ストレスが溜まらない


一人暮らしは、ストレスが溜まらないというメリットがあります。


家族といたら、何気ない一言がストレスになることがありますよね。(片付けなさいという言葉でイライラしてしまうこともあるかもしれません。)


また、家族は寝ているのに、自分だけ早起きをして出勤することも、思っている以上にストレスになります。


しかし、一人暮らしならそういったことは全くないので、いいですよ。


ゆっくり休める


保育士は、疲れやすい仕事ですが、一人暮らしなら、家に帰ったらすぐに休むことができます。

・寝たければ寝る

・ご飯を食べたかったら食べる

・休みの日は誰の目も気にせずに休める



そういう生活をすることができます。


実家にいると、どうしても他の人の動きが気になってしまい、ゆっくり休むことができない人も中にはいるかもしれません。


そういう保育士さんこそ、一人暮らしがおすすめです。


自分の時間を持てる


一人暮らしをすると、自分の時間が圧倒的に多くなります。


これが保育士にとっては本当に大切です。

保育園にいる時って、自分の時間って本当にないと感じませんか?



自分だけで仕事をすることはできないし、事務仕事をしている時も一人で集中してすることはできません。


保育園の中で自分の時間を持てるのは、トイレに入っている1分間くらいかもしれません。

りさ
りさ

大学生の時はあまり考えたことはなかったのですが、一人(自分)の時間を持つことって大切なんだなと保育士になってから気づきました。



自分の時間がないと、精神的負担がどんどん大きくなっていく可能性があるので気をつけてくださいね。


また、自分の時間が多くなるということは、自己成長に使うことができる時間が増えるということです。

・勉強する時間

・新しいことにチャレンジする時間



こういった時間を作ることが、保育士としての成長にも繋がります。


通勤が楽


保育士が一人暮らしをするメリットは、通勤が楽という点もあります。


一人暮らしをするのに、保育園まで1時間以上かかる場所に住む人はあまりいないと思います。

ちなみに、私は自転車で15分のところに住んでいますが、最高に楽です。



通勤に1時間以上かかる人と、私の生活を比べると、その便利さにきづくはずです。

〇早番の時

・一人暮らし:5時半起き

・実家暮らし:4時半起き


〇遅番の時

・一人暮らし:21時半に帰宅

・実家暮らし:22時半に帰宅



このように圧倒的に時間に差が生まれます。


この時間は、お金では買えないので、やっぱり一人暮らしをすることは、保育士にとってメリットが多いです。


保育士の一人暮らしのデメリット


メリットが多いとは言っても、もちろんデメリットもあります。


保育士が一人暮らしをするデメリットを下記にまとめておきます。

・掃除が大変

・食事の準備が面倒

・お金が貯まりにくい

・洗濯が面倒

・シフトチェンジが起こる



上記に関しては、多少なり困ることがあるかもしれません。

▼一人暮らしを快適にしてくれる便利家電が知りたい方は、こちらを参考にするといいかもしれません。

女子の一人暮らしにあると便利な家電7選。大学生でも買えるものしか教えません



掃除が大変


一人暮らしは、家の家事は一人で行わなければいけません。


掃除に関しては、大変というよりも、忙しくて気持ちに余裕がなくなってくると、掃除に手が回らなくなってきます。


家に自分しかいないので、「ま、いいか」という気持ちにも、なってしまいがちです。

・脱いだものがそのまま

・製作で使った画用紙が散乱

・食べたお菓子がそのまま



こんな感じで家が大変な状況になることもあります。


保育士の仕事で本当に忙しい時は、精神的に余裕がなくなってきて、掃除よりも睡眠、掃除より食事になってしまいがちです。


そうなると、家の掃除に手が回らなくなってしまう可能性があります。


食事の準備が面倒


保育士が一人暮らしをすると、食事の準備が面倒になってきます。

大学生の時は、自炊をしてましたが、保育士になってやらなくなりました。



特に疲れた状態で帰宅すると、すぐにご飯は食べたいし、食事を作る気力はありません。


そうなると、毎日コンビニでご飯を買う生活になり、食費がすごいことになっていくので、注意してください。


お金がたまりにくい


保育士に限らず、一人暮らしはやっぱりお金は貯まりにくいです。


家賃補助がかなりもらえるとはいえ、食費や光熱費、その他もろもろお金はかかります。


実家暮らしに比べてお金が貯まりにくいことは、デメリットですね。


洗濯が面倒


保育士は洗濯物が毎日たくさん出ます。


一人暮らしをしていれば、洗濯も自分でやらなければいけません。


洗濯機を回すことは、問題なくできます。


しかし、

・洗濯を干す

・洗濯物をたたむ



これが本当に大変です。


家に帰ってすぐに洗濯機のスイッチをオンしたのに、洗濯機が終わることには、眠くなってしまい、干すのがしんどいという経験をしたことがある保育士さんは多いのではないでしょうか。


シフトチェンジが起こる


台風や大雪の予報が出ると、一人暮らしの保育士はシフトチェンジになることが多いです。


電車通勤の人は、もしかしたら通勤することができない可能性があるので、一人暮らしの人が早番に変わることがあります。

別に私は嫌だとか思ったことは全くありませんが、そういうことがあると知っておくといいかもしれません。



災害や天気はどうすることも出来ないので、比較的出勤しやすい保育園の近くに住んでいる一人暮らしの保育士が、出勤するということは、電車通勤が多い地域ならよくあるのかもしれません。


保育士の一人暮らしの疑問


保育士の一人暮らしにもっと気になる疑問がある!という方もいるはずです。


そんな疑問にも答えていきますよ。


保育士の一人暮らしにの車は必要?


▶時と場合による。


交通に不便がない場所に住んでいる方なら、全く問題なく生活することができます。


大型家具や家電はネットで買えば問題なしです。


車を持つってかなりお金がかかります。

・ガソリン代

・税金

・維持費

・ローン

・車検



上記のように、毎月ビックリするくらいのお金が飛んでいくので、保育士が車を持つってかなり大変なことかもしれません。


保育士の一人暮らしで犬(ペット)は飼える?


▶難しいかも。


保育士の生活って思っている以上に余裕がありません。


その中で犬や他のペットを飼うとなったら、かなりの覚悟と決心が必要です。

どうしてもペットが飼いたいという方は、一人暮らしに慣れてからをおすすめします。



ちなみに、私は無理でしょうね…ペットを飼いたくなる気持ちは本当にわかりますが…


ペットを飼うとなったら、ペットOKのマンションに住まなければいけなく、家賃もそれに伴って高くなる可能性が高くなります。


どんな家がいい?


▶狭すぎる家はやめたほうがいい。


休みの日は、毎回外に出かけて、ほとんど家にいません、という方なら、狭い家でもいいかもしれませんが、お家が好きな方は、ちょっと家賃が高くても広い家に住んだほうがいいかもしれません。

りさ
りさ

保育士になって初めて1LDKの家に住みましたが、寝る部屋と生活する部屋が分かれているって、かなり大事なことに気づきました。



生活の質があがりますよ。


保育園の子どもに合う?


▶保育園から自転車で15分くらいのところならほとんど会わない。


プライベートで保育園の子どもに会うか、会わないかという点を気にする方もいるかもしれませんが、よほど保育園に近い場所に住まなければ、会うことはほとんどありません。(人口が多い場所の場合)

実際に、自転車で15分の場所に住んでいますが家の周りで保育園の子に会うことは、数か月に1回程度です。



あとは、その地域の暮らし方にも関係してくるかもしれません。

・車生活:駅では人に会わない(逆に郊外のレジャー施設で会う)

・電車生活:最寄り駅で会う



上記のような違いがあるので、保育園の周辺の人々の生活の仕方を見てみると、いいかもしれません。


保育士の一人暮らしは幸せ度が増す


ここまで、保育士の一人暮らしの実情について紹介してきました。


保育士は一人暮らしがおすすめです。


特に関東など家賃補助がある自治体の保育士さんはそれを利用して一人暮らしをしたほうがいいです。


今回紹介したことを簡単におさらいします。

〇保育士の一人暮らし(私の場合)

・家賃:8万8000円(家賃補助8万2000円、自己負担6000円)

・部屋の広さ:1LDKで40㎡以上

・生活費:節約しないで10万~14万円

・貯金:1年で50万~100万円

・一人暮らしのメリット:たくさんある



こんな感じです。


保育士の一人暮らしは、最高に幸せですが、家賃補助を使うには、自治体の家賃補助を利用している保育園を探すことが必要です。

▼家賃補助がある保育園を探す

保育専門求人サイト【ほいく畑】

専属コンサルがサポート【サポート保育】

【きらぽんJOB】



また、自治体の家賃補助を使っていない保育園でも、寮を完備している保育園もあるのでぜひ、探してみてください。


ということで、今回は終わりにします

▼保育士に関する記事はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました