ADHDの保育士の仕事のコツとは?不注意・衝動性が目立つ私の対策

ADHDの保育士さんいないかな…

ADHDの保育士の仕事のコツが知りたい



という方いませんか?


フリーランス保育士のりさです。


診断したことがないのですが、私は、ほぼ確実にADHDです。(診断してどうするの?と思うと面倒になるので病院行ってません)


特に「不注意と衝動性」が目立ちます。


ADHDが仕事を周りと同じようにこなすって想像以上に大変です。


今回は、「ADHDの保育士の仕事のコツ」を紹介します。

りさ
りさ

実際に私も心がけていることです!

◇記事の内容◇

・保育のコツ

・事務仕事のコツ

・他に気をつけること



ADHDの保育士の仕事のコツとは?


保育園の毎日は、慌ただしいし、仕事量は多いし、ADHDの私にとっては処理しなければいけない情報が多すぎてパニックになることもしばしば…。


(心の中で勝手にパニックになってます)


そんな私も、周りに助けられながら、保育士ができています。


ただ、ADHDの特性や特性の強さは、個人によって違います。


中には、「ADHDは保育士無理だろ!」という方もいるかもしれませんが、この記事はあくまでも「私(りさ)」の話だと思って読んでください。


メモを取る


ADHDの保育士さんの仕事の最大のコツは、「メモを取る」これがとっても大事です。

・保護者からの伝達

・保護者への伝達

・他の保育士からの話



必要なことは、とりあえずメモをしましょう。

りさ
りさ

と言っても
メモすることを
忘れるのがADHD…。



ADHDの不注意の特性が影響して、メモすることすら忘れてしまったり、書いたメモをなくしてしまったりすることもありますが、メモを取ろうとする意識が大切です。


個人的には、メモはふせんに書いて、ポケットに入れておくのが一番なくさない方法です。


下手にノートを買って、ノートにメモしても「どこに書いたのか」わからなくなることが多いです。

☆ポイント☆
とにかく「メモ」が大事!



見える場所にタスク管理


保育士の仕事は、同時に何個もやらなければいけません。


ADHDは、仕事の優先順位をつけることが苦手だったり、やらなければいけない仕事を忘れてしまったりします。


そこで、仕事のコツですが、

「ふせん」にやらなければいけない仕事を書く
  ↓
見える場所に貼る



これが1番効果的です。


見える場所としては、以下がおすすめです。

・クラスの申し送り

・クラスのロッカーの上

・クラスのPC



1日1回見るような場所ではなく、1日に何度も見るような場所に貼るのがコツです。


ADHDの保育士の仕事のコツ「保育編」


個人的には、ADHDの保育士は、保育では特性を生かしやすいと感じています。


あなたが、「保育」「子ども」を好きであればあるほど、アイディアがポンポン出る、保育について夢中で考えるなど、ADHDの特性を生かせるはずです。


しかし、全てがうまくいくわけではないので、何個かコツを紹介します。


1日でできることは限られている


ADHDは、「あれもやりたい!」「これもやりたい!」と頭に浮かぶと、すぐに実行したくなります。


それは、保育においても同じです。

りさ
りさ

思い浮かぶ日って
びっくりするくらい
たくさんのアイディアが
頭の中をぐるんぐるんするんですよね。

しかし、1日にできることは限られている!



1日の中で、できることは限られています。


1週間でできること、1か月でできることも限りがあります。


「あれもこれもやりたい」気持ちはとってもわかりますが、その中から「本当に必要なこと」を見極めることが大事です。


思いつきの保育はしない


ADHDの衝動性が影響して、「あれ、今日これしてみようかな!」なんて頭の中に思い浮かぶことが、ADHDの保育士さんにはあります。

そんな時は、必ず他の人に相談して!!



ADHDのパッと思い浮かぶアイディアは、時に「いきすぎた行動」になってしまうことがあります。


自分の中では、大丈夫!と思うことも、他の人から見たら「やめておいたほうがいい」ということかもしれません。


自分のアイディア・考えは大切にしつつ、突然やりたいことが頭に振ってきたら、必ず誰かに相談してみましょう。


子どもとの1対1の時間を大切に


保育園は、たくさんの子どもが生活しているので、常にたくさんの音や動き、声が情報として入ってきます。


ADHDは、注意散漫になりやすい特性があります。


注意散漫は、保育室全体を見る時には、かなり役立ちます。

しかし、子どもと1対1の関わりでは、障害になる!



自分以外に全体を見る保育士さんがいたとしても、子ども1人に集中できず、つい周りが気になってしまいます。


絵本を読んでいるのに、途中で中断してしまったり、一緒に遊んでいたのに途中で離席してしまったりということを、しょっちゅうやってしまいます。

1対1の時間を大切にする



本当に大切にしてください!


集中しすぎも注意


1対1の関わりを大切にするあまり、周りが見えなくなるのもNGです。


1対1の関わりを大事にしながら、周りの状況は把握することは大切です。

りさ
りさ

といっても、
これができたらADHDじゃないんですけどね。
1度に複数のタスクを同時に行うことが苦手。
複数の情報を処理するのが苦手。
ん~難しいですね。



ADHDの特性上、1対1の関わりを大切にしながら、周りの状況を見て、状況応じた動きをすることは、かなり大変だと思います。


しかし、意識くらいはできるはずなので、少し意識してみるといいですよ。


「ま、いいか」を辞める


ADHDの私は、「ま、いいか」とやらなければいけない仕事を、後回しにしがちです。


保育中に「ま、いいか」と思うこともしばしば…。


でも、「ま、いいか」と思うのは、やめましょう。


「ま、いいか」と思うことは、子どもにも良い影響はありません。

・トイレのスリッパをそろえない

・おもちゃを片付けない

・洋服を雑に片付ける



「ま、いいか」と言って流してしまえば、子どもにとって必要な経験ができなくなってしまいます。


「ま、いいか」と思うことはたくさんあるかもしれませんが、次の瞬間「ま、いいかじゃダメーーー!」と自分に言い聞かせてみるといいかもしれません。


ADHDの保育士の仕事のコツ「事務編」


ADHDの保育士が大変なのは、「事務仕事」です。

りさ
りさ

ミスは多いし
集中して仕事できないし
本当に大変!



ADHD保育士の私の仕事のコツを紹介していきます。


朝仕事をする


ADHDの保育士さんは、事務仕事をする時、なかなか集中できないという方も多いのではないでしょうか?

りさ
りさ

私は集中できない!



午睡中に事務仕事をする方が多いと思いますが、午睡中って事務仕事に集中できなくないですか?

・数分おきに午睡チェック

・起きている子が気になる

・他の保育士から話しかけられる



こんな状況では、気が散ってしょうがないです。


全員が寝ていれば、少しは集中できますが、1人でも起きていると、たとえ静かに横になっているとしても、気になってしまいます。


また、職員室(事務室)に移動して仕事をしていても、他の人の声やクラスから聞こえてくる声が気になって、仕事には集中できません。

りさ
りさ

自分のやっている仕事より
周りの人の話のほうが気になるんですよね。
ぶっちゃけ、全ての会話を聞いてる気がする…



仕事に集中できなくて、なかなか仕事が終わらないというあなたは、「朝早く出勤して仕事」をするのがおすすめです。


朝なら保育園全体が静かですし、空いている保育室も多いので、仕事に集中できます。

りさ
りさ

私は忙しい時期は
残業よりも朝仕事してました。



言われたらすぐ仕事する


言われたらすぐに仕事することも大事です。


基本的に他者から言われた仕事は、言われた瞬間、もしくは5分後には忘れています。


「今できること」なら後回しにせずに、「今やること」が大事です。

りさ
りさ

今できないことは
メモしておく!



また、汚れものが出たり、ちょっとした怪我をした時は、その時にメモをしましょう。


「あとからやろう」は、絶対にやりません。(ADHDの私はそうでした…)


「すぐやる」という意識すら忘れてしまう子ともありますが、覚えている時は、「今」やりましょう。


書類は1つにまとめておく


保育士のあなたは、行事・クラス・研修など、多くの書類を持っていますよね。


つい、分類してファイルに綺麗に入れておきたくなりますが、そういうことをすればするほど、必要書類はなくなっていきます。

りさ
りさ

書類がなくなるというより
ファイルをどこに置いたか
わからなくなるし、
どのファイルに入れたかもわからない…



書類系は、基本的に1つのファイルにまとめておきましょう。


1つのファイルに入れておけば、なくすこともありません。

▼私は3ポケットファイルにだいたいで分類して入れてました



チェックをお願いする


私は、クラスだよりなどの書類を作るとき、間違いなく「誤字脱字」をしてしまいます。


どんなに読み直しても、気づかないものは気づきません。

りさ
りさ

このブログに誤字脱字が多いのは
私のADHDの特性が原因です
(しょうがないと思ってください)



自分では、どうすることもできないことは、他の人にお願いしましょう。


他にも、行事で必要なモノの数を数える、物品を購入するなどを行う時は、他の人からチェックしてもらうことが大切です。


ADHDの保育士の仕事のコツ「その他」


保育・事務仕事とADHDの仕事のコツを紹介してきましたが、他にも意識したほうがいいことがあります。


どれもこれも自分でやらない


ADHDの保育士さんは、先輩保育士や園長から「○○やってみない?」と言わると、つい「はい!」と言ってしまいがちです。


基本的に興味関心が強いので、気になることは全部やってみたい!と思ってしまいます。


しかし、「はい!」ばかり言っていると、気づいたら仕事をたくさん抱えている…ということになってしまいます。


気になる仕事・提案があった時は、「一回考えてから返事してもいいですか?」と、言って一度持ち帰りましょう。

・今ある仕事

・自分のキャパ

・自分の能力

・今後のスケジュール



自分を追い込まないためにも、一度考えてから「やるか、やらないか」を決めるといいですよ。


失言は謝る


ADHDの衝動性が原因で、相手を傷つけるつもりはなくても、とっさに相手に対して失言を言ってしまうことがあります。


自分では、思ったことを言っただけ…かもしれませんが、相手からしたら傷つく一言だったかもしれません。


失言をしてしまった!と気づいた時点で、謝りましょう。

りさ
りさ

こればかりは意識して直すのが難しい…。
普段は考えてから発言するのに
こういう時は衝動的に言葉が出てしまう…



失言は謝るしかありません。


怪我に気をつける


子どもたちに「周りよく見て歩いてね」と言っていると思いますが、ADHDの保育士さんは、まず自分が周りをみましょう。


1日の中で、何度も壁や棚にぶつかり、段差に気づかずつまずいたりします。


当たり所や転び方が悪いと、大きな怪我に繋がってしまうこともあるので、本当に気をつけていきましょう。

りさ
りさ

自分でもわからない
傷・アザがたくさんできてます…



ADHDの保育士は自分の弱点を把握する


ここまで、ADHDの保育士の仕事のコツを紹介してきました。


特に重要な部分をまとめるとこんな感じです。

・メモが大事

・見えるところでタスク管理

・朝に仕事が集中できる

・思いつき保育はしない

・仕事を抱えすぎない



コツを知ることも大事ですが、「自分の弱点」を知ることも大事です。


苦手なことがわかれば、対策を考えられます。


しかし、苦手に気づかなければ、対策はできません。


自分のADHDを知るには?


とは言っても、自分のADHDの特性を理解するのは、簡単ではありません。


今まで、その性格・特性で生きてきたので、「なんかできないけど、なんでできないのかわからない」ってこともたくさんあります。


そんなときは、ADHDの本を読んでみるのがおすすめ



「わかる!!!」「あ、これ確かに苦手!!」と共感しながら読めるのではないでしょうか。


気になる方は読んでみてくださいね。




ADHDの保育士さんは、働きにくさを感じることが多いかもしれません。


でも、保育士ができないわけではありません。


ADHDの特性を保育に生かすこともできます。


この記事が、あなたの役に立てば、嬉しいです。

▼子どもの発達障害についての記事はこちらから。

悩み
スポンサーリンク
りさをフォローする
保育士のハッピーなお部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました