保育士一年目の手取りってどれくらい?全部ぶっちゃけます

保育学生
 

保育士一年目の先生って
ぶっちゃけどれくらい
もらえるのかな?

ともだち
 

保育士給料低いから
学生の時から貯金したほうがいい?



という方いませんか?


フリーランス保育士のりさです。


お金のことって気になりますよね。


今回は、「保育士一年目の手取り」について紹介します。


保育園保育士だった私の一年目の手取り大公開です。

◇記事の内容◇

・一年目の手取り

・一年目でかかるお金

・保育士一年目の貯金事情



▼ちなみに2年目以降の給料は、こちらの記事で紹介しています。



保育士一年目の手取りってどれくらい?


保育士一年目の手取り、気になりますよね。


特に保育学生のあなたは、今後のライフスタイルに大きく影響していくことなので、気になって当然です。


私が勤務していた保育園の給与条件はこんな感じでした。

・住宅手当が8万2千円(手取りに含まれず)

・給食費天引き

・みなし残業制度
(ほとんど残業しないので問題なし)

・自転車通勤なのに3000円の手当有



これを頭に入れて、読んでみてください。


保育士一年目の4月の手取り


保育士一年目の最初の手取りなんて覚えていなかったので、「給与明細」ここに準備しました。



保育士一年目の最初のお給料(手取り)は、

約22万円!



「え、高くない?」と思いましたよね?


1年目の4月は、ちょっと高くなる「からくり」があります。

研修期間のお給料が入る



多くの保育園では、3月に研修という名目で、数日間、保育園に出勤します。


研修ですが、しっかりお給料が出るので、その分のお金が4月のお給料と一緒に振り込まれました。

いっぱい出勤したほうがいいと思って、10日間くらい研修出てたんです。



一年目の4月の「手取り22万円」ですが、ボーナス以外でこの金額を超えることは、二度とありませんでした。


これが、保育士の現実です。


保育士一年目の5月の手取り


4月は、研修期間のお給料も振り込まれたので、リアルな1ヶ月分の給料は、5月分からになります。



5月分も給与明細が残っていたので、見てみました。

約15万円!



普通の保育士の給料って感じがしますよね。


5月以降は、月によって変動はありますが、だいたい15万円を毎月もらっていました。


保育士一年目のボーナスの手取り


保育士一年目のボーナスも気になりますよね。


私が勤務していた園は、年3回に分けて、ボーナスが支給されていました。


保育士一年目の時のボーナスの明細も、しっかり残っていたので、金額を教えちゃいます。

・1回目:約6万5千円

・2回目:約15万円

・3回目:約58万円



なんか、3回目の金額だけ、「あれ?」と思ってしまいますが、この金額いただきました。


3回目のボーナスには、「処遇改善手当」が含まれています。


処遇改善手当は、毎月支払いする園と、このようにボーナスで支給する園があるのかな、と思います。(2年目からは、毎月の給料に処遇改善手当が含まれました。)


また、人事考課(頑張ったかどうか)の評価によって、3回目のボーナスは、かなり変動していたようです。

りさ
りさ

1年目にも関わらず、
いい評価をいただけたのかな?



保育士一年目の1回目のボーナスは、「これだけ?」と思いますが、頑張って続けていれば、しっかりもらえます。


保育士一年目でかかるお金


保育士一年目の手取りが気になるあなたは、保育士一年目にどれくらいお金がかかるかも気になるのではないでしょうか?


それによって、貯金ができるか、できないかが変わってきてしまいますもんね。


生活にかかる費用は、人それぞれですが、だいたいかかるお金を紹介していきます。

仕事でかかるお金


基本的に仕事で必要なものは、保育園にあるので、自分から買う必要はないですが、「服」はどうしても買わなければいけません。


ユニクロとGUに行けば、保育中に着る服は揃うので、そこまでお金がかかならないと思います。


しかし、Tシャツ集め、トレーナー集めを始めてしまうと、そこそこお金がかかってきます。


私のもっていた服は、こんな感じです。

・ユニクロのスキニー:4着

・Tシャツ(半袖):10枚

・Tシャツ(長袖):4着

・トレーナー:8着

・ヒートテック:5着

・靴下:7足



特に靴下は、すぐに穴が開いてしまうので、年に何回かまとめて買っていました。


保育士必須アイテムのエプロンは、食事の時にしか使わなかったので、2つしか持っていなかったです。


だいたい、これらを買っていると、

年間「約5万6千円」くらい



になります。(あくまでもユニクロやGUでそろえた場合)


生活でかかるお金


生活でかかるお金は、人それぞれです。


実家暮らしの人は、ほとんどかからないし、一人暮らしなら、以下を全て自分で支払う必要があります。

・携帯代

・インターネット代

・食費

・交際費

・光熱費

・その他もろもろ



上記を合わせると、私の場合「月10万円」かかってました。

りさ
りさ

え、かかりすぎ?



特に節約を意識せずに生活していると、すぐに「10万円」になってしまいます。


ただ、1ヶ月の生活費が10万円でも、毎月数万円は貯金できますし、ボーナスが入るたびに貯金が増えていくので、散財し
たい方なら、お金に困ることはないはずです。


保育士一年目の貯金事情


保育士一年目の貯金事情、気になりませんか?


私が、一年間でどれくらい貯金できたのか、調べてみました。

・節約は意識していない

・毎月貯金する金額は決めてない

・奨学金は毎月2万円払っている

・医療脱毛の契約をした(20万くらい)

・実家に年3回帰った(1回往復3万円)



上記の条件で、どれくらいお金は貯まったのでしょうか?


保育士一年目で貯金できた金額


保育士一年目で貯金できた金額は、

約75万円



こんなもんでした。


節約を全くせずに、この金額なので、節約をすれば、余裕で「100万円」は貯金できるはずです。


また、実家暮らしの方は、もっと楽に貯金できるます。


保育士一年目が貯金するコツ


保育士一年目の人が、ちょっとでも多く貯金するなら、意識したほうがいいことが3つあります。


自炊は、自分自身かなり難しかったので、自炊以外のコツを紹介します。

・保育園に持っていく飲み物はマイボトルで

・Tシャツは真っ白は選ばない
  (すぐ汚れる)

・実費で買ったものは必ず精算する
 (気づいたら凄い金額に…)



この3つを意識するだけでも、多少なりの節約になります。


貯金したいあなたは、ぜひ意識してみてください。


保育士一年目の手取りは他の保育士と変わらない


ここまで、保育士一年目の手取りについて、紹介してきました。


最後になりますが、今回紹介した手取りですが、2年目以降もほとんど変わりません。


ボーナスは、多少増えますが、毎月のお給料は、変わることがないです。

逆に住民税が増えて減る場合がほとんど。



保育士の厳しい現実ですが、何年働いてもお給料が変わらない、リーダー保育士になってもほぼ変わりません。


園長クラスになると少し上がるらしい


これは聞いた話ですが、園長になると、一般保育士に比べて、かなりもらえるそうです。


とは言っても、他の企業の役職者よりは、もらっていないと思いますが…。


給料を上げたいなら、園長を目指すか、もしくは給料のいい保育園で働くのも1つです。

保育専門求人サイト【ほいく畑】

専属コンサルがサポート【サポート保育】

【きらぽんJOB】



求人情報を見るとわかりますが、保育園によって給料の差が意外と大きいです。


まず、見るべきは、「基本給」です。


基本給が高いと、ボーナスも高くなっていきます。

保育学生
 

給料のいい保育園で働きたい!



そんなあなたは、「基本給」と「ボーナス」をよく見て、働く園を選ぶといいかもしれません。


ということで、今回は終わりにします。

▼私なりの保育園就職ポイントをまとめました。

▼保育士一年目におすすめの記事はこちら。

1年目
スポンサーリンク
りさをフォローする
保育士のハッピーなお部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました