保育園のクラスだよりの内容に悩まない方法、伝えたいことを書けばOK

保育学生
 

保育園のクラスだよりって何書けばいいんだろう?

ともだち
 

クラスだよりを初めて任されたんだけど、どうしよう…



という方いませんか?


元保育士のRisaです。


何年も保育士をやっている方にとっては、クラスだよりの内容をそこまで悩むことでは無いと思いますが、保育士1年目など経験が浅い保育士にとっては、かなり悩みますよね。


今回は、「保育園のクラスだよりの内容に悩まない方法」を紹介していきます。


これを見れば、すぐにクラスだよりが書けるはずです。


保育園のクラスだよりの内容に悩まない方法


クラスだよりを急に任されたある日、「え!!!どうしよう、何かこう」と悩みますよね。


でも、大丈夫です。


クラスだよりに書く内容の基本は、

あなたが伝えたいことを書く



これを覚えておいてください。


保育園のクラスだよりはあなたが伝えたいことを書く


保育園の日々の生活の中で、

・子どもが成長したエピソード

・かわいいと思ったエピソード

・こんな経験したよ!


上記のように、たくさんのエピソードがありますよね。


その中から、特にあなたが伝えたいと思うことをメインにクラスだよりを作っていきましょう。


保護者が読んで楽しいと思うことは何?


あなたが伝えたいことが書いてあるクラスだよりは、きっと保護者の方も読んでて楽しいはずです。


もし、あなたが伝えたいことがわからないなら、

保護者は保育園生活のどんなことを知りたいと思う?



これを考えてみましょう。


保育園の中のどの場面が保護者が気になっているのかを考えてみると、クラスだよりの内容が思い浮かんでくるかもしれません。


クラスだよりは楽しんで書く


クラスだよりを書くときにもう1つ覚えておいてほしいことは、「楽しんで書く」ということです。


あなたが楽しんで書くことができれば、それを読む保護者もきっと楽しめるはずです。


難しく考えて、難しい文書を書く必要はありません。


保育園での子どもたちの様子を、保護者の方に伝えるお手紙と思ってもいいかもしれません。


▼クラスだよりをパソコン(ワード)で作る方法はこちらを参考にしてください。




保育園のクラスだよりの内容5つのアイディア


「自分が伝えたいことと言われても…」とい方もいると思うので、下記にクラスだよりの内容のアイディアをまとめました。

・遊びのエピソード

・生活のエピソード

・行事のエピソード

・お願い(発達に関すること)

・お願い(園の運営に関すること)


上記を参考にすれば、クラスだよりの内容や全体像が思い浮かんでくるはずです。

遊びのエピソード


最も書きやすく、一番のメインにしてもいいと言える内容が「遊びのエピソード」です。


毎日の遊びには、クラスだよりの内容にできるエピソードがたくさん詰まっています。


それをメモしておくことで、急にクラスだよりを書くことになっても、焦ることなくスムーズに書くことができます。

・クラス全体としてどんな遊びが発展しているか

・一人ひとり(個人)がどんな遊びを楽しんでいるか



上記を意識しながら、日常の遊びをみてみましょう。


クラスだよりに遊びのエピソードを書く時は、言葉だけでなく、写真を入れるとさらに保護者に伝わりやすくなります。

写真を撮るのも忘れないようにです!



子どもの遊びをどのようにクラスだよりに載せるかは下記を参考にしてみてください。

(例)クラスでおままごとがかなり盛り上がっている

・1つの枠を使って「おままごとが盛り上がってます!」という内容を書く

・ある日のエピソードを取り上げて、子どもの会話を写真とともに載せる



クラスだよりの載せ方は自由です。


あなたが書きやすい方法で、遊びについて書いてみてくだささい。


生活のエピソード


乳児クラスの担任の方は、生活のエピソードが書きやすいのではないでしょうか?

・ご飯が一人で食べられるようになった

・お昼寝ぐっすり寝ています

・トイレに興味を持っています



上記のように、生活のエピソードも書く内容はたくさんあります。


生活のエピソードは、乳児だけでなく、幼児でも書くことができますよ。

・保育士のお手伝いをしてくれています

・お友だちと助け合う姿が見られています



上記のように、日々子どもの素敵だなと思った姿を切り取って、クラスだよりに書けばいいんです。


行事のエピソード


季節の行事があったときは、そのエピソードを書くことができます。

・節分で豆まきをしました

・プールを楽しんでいます

・誕生日会がありました



上記のように、それぞれの行事に関するクラスのエピソードを書くのもいいですよ。


行事のエピソードを書く時は、ぜひ写真を撮っておくことをおすすめします。

運動会や発表会などは、練習の姿をクラスだよりに載せてもいいですよね。



お願い(発達に関すること)


発達に関することで、家庭と協力してやっていきたいことを「お願い」として記載することもあります。

・トイレトレーニング

・食事

・着替え(生活習慣の形成)

・手洗いなど清潔に関すること



上記のようなことは、保育園だけでは子どもが身につけることは難しいです。


そういったことは、保護者にも協力してほしいことをクラスだよりで伝えましょう。

ただし、専門的になりすぎず、専門的な内容を入れることが求められるので、文章を作るのは少し難しいです。



お願い(園の運営に関すること)


保育園の運営に関係することもクラスだよりによく書かれます。

・登園時間

・持ち物に記名してもらう



上記のようなことを書くことが多いと思いますが、ここに関しては、基本的に毎回同じような内容を書くことが多いです。


また、保育園の行事への参加のお願いなども書くこともあります。


保育園のクラスだよりの内容は真似をしろ


保育園のクラスだよりを作るときは、0から自分で考える必要はありません。


真似ができるところは、真似をしていきましょう。


過去のクラスだよりを見てみる


真似をするためには、過去のクラスだよりを見てみましょう。


もちろん、内容も真似をしてもいいです。

たとえ、同じ「運動会」のことを書いたとしても、子どもが違うので書く中身の部分は変わってくるはずです。



例えば、どのように真似をすればいいかという例を下記に紹介します。

(例)「ひな祭り」でおひな様を見た!(内容)を真似する

・去年:おひな様を見ると、「おひな様かわいいね」という声があがりました。

・今年:おひな様を見ると、「(三人官女を指さしながら)これは誰?」など気になることでいっぱいの様子でした。



上記のように、間違いなくエピソードは子どもによって変わってくるはずです。


お願いの文章はそのまま真似でもOK


お願いについては、発達に関することと、保育園の運営に関係することの2種類がありますが、真似できる部分は、真似してOKです。


特に、保育園の運営に関係するお願いに関しては、毎年ほとんど変わることないので、コピペしても問題ありません。

コピペするときは、内容を確認することが大事です。いらない文章は消して、足りない文章は足してください。



また、発達に関するお願いも、書き方を真似できることはそのまま書きましょう。

私が作ったトイレトレーニングの文章や子どもの人間関係に関する文章は、次の年も使われていました。



真似できる部分は、真似しながらなるべく負担なく書いていきましょう。


保育園のクラスだよりはあなたが伝えたいことを


ここまで、保育園のクラスだよりの内容に何を書けばいいのかについて紹介してきました。


おさらいすると、「クラスだよりにはあなたが伝えたいことを書く」、このことを意識しながら、内容を決めていくことが大事です。


保育園生活には、子どもたちの素敵なエピソードがたくさん詰まっています。


その中から特に保護者に伝えたいことを選んで、クラスだよりに書いていけばOKです。


どうしても内容が思いつかない方は、下記を参考にしてくださいね。

・遊びのエピソード

・生活のエピソード

・行事のエピソード

・お願い(発達に関すること)

・お願い(園の運営に関すること)



私がクラスだよりを作るときも、上記を基本としながら、クラスだよりを作っていました。


ぜひ、保護者にとって読んで楽しいと思ってもらえるクラスだよりが作れるといいですね。


ということで、今回はこれで終わりにします。


▼保育に関する記事はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました